こめかみ薄毛の原因と対策

こめかみが薄毛になる原因

こめかみが薄毛になるのはハゲの前兆なのか、それとも別の原因があるのか、気になるところですね。
こめかみの薄毛には大きく分けて二つのタイプがあり、それぞれ原因と対策法は異なります。


こめかみの少し上のあたりが薄毛の方は…


こめかみの少し上のあたりが薄毛という場合、かなり高い確率で男性型脱毛症の前兆であると考えられます。
男性型脱毛症とは男性ホルモンの一種が原因となっておこる脱毛症で、いわゆる男性特有のハゲということになります。
しかしこめかみが薄毛というだけではまだハゲるとは言い切れず、あくまで男性型脱毛症の兆候があるということになります。


上の図は日本皮膚科学会から提供されたもので、こめかみの薄毛と脱毛症の判断基準になります。
耳の中心と頭頂部を結んだ線と、こめかみの薄毛の部分の角額と呼ばれる部分との距離を測ってみましょう。
こめかみの薄毛部分の最後尾からの距離が2p以下である場合、男性型脱毛症であると診断されます。

⇒⇒こめかみの薄毛の原因が男性型脱毛症の場合の対策法


こめかみの下からもみあげのあたりが薄毛の方は…


こめかみの下のあたりからもみあげにかけて薄毛部分があるという方は、血行不良が原因となっていることが多いようです。
血行不良になると毛母細胞への栄養運搬が正常に行われず、こめかみの薄毛の原因となります。

血行不良になる原因はいくつか考えられますが、こめかみの下のあたりが薄毛になる場合には眼精疲労と肩こりが考えられます。
眼精疲労はパソコンやスマホを長時間使う方に多く見られますが、目を酷使することで目の周りの筋肉が硬直しておこります。

ものをじっと見る時には人間は目の周りの筋肉を使います。
目の周りの筋肉を長時間酷使すると、筋肉が固まってしまいその近くにある血管の血流を阻害してしまいます。
これによりこめかみ周辺の血行も悪くなり、薄毛の原因となります。

また肩こりによるこめかみの薄毛も同じ理屈でおこります。
肩こりとはそもそも肩の筋肉の硬直です。

肩の筋肉の硬直は周辺の血行をも鈍らせてしまいます。
その結果こめかみ周辺の血流も悪くなり、こめかみの薄毛の原因となってしまいます。

⇒⇒こめかみの薄毛の原因が血行不良の場合の対処法


こめかみの下のあたりの薄毛の原因として、血行不良以外に考えられるのはストレスです。特にもみあげに薄毛部分があるという方であれば、ストレスによって薄毛になっている可能性が高いと考えられます。

⇒⇒こめかみの薄毛の原因がストレスの場合の対処法


こめかみの薄毛の対策法

こめかみの薄毛は適切な対策を取ることで改善することができます。
大切なことはこめかみが薄毛になってきたと感じたら、できるだけ早く正しい対策を取ることです。
少しでも早く適切な対策を取ることで、こめかみの薄毛は改善できる可能性がより高くなります。


こめかみの薄毛の原因が男性型脱毛症の場合の対策法


男性型脱毛症によるこめかみの薄毛は、体内に存在する男性ホルモンによっておこります。
男性ホルモンの一種であるテストステロンは、頭頂部やこめかみの周辺に存在する酵素(5αリダクターゼ)と結合して、脱毛ホルモンと呼ばれるジヒドロテストロンという物質に変化します。

この脱毛ホルモンがこめかみの毛根に働きかけて、抜け毛を増やしてこめかみの薄毛を促進させます。
つまり男性型脱毛症によるこめかみの薄毛を阻止するためには、脱毛ホルモンが生成されるのを防ぐことが鉄則となります。


男性型脱毛症を防ぐ育毛剤


育毛剤には様々な商品がありますが、育毛剤によって薄毛にもたらされる効果は色々です。
こめかみの薄毛を改善するためには、脱毛ホルモンと呼ばれるジヒドロテストロンの生成を防いでくれる育毛剤を選ぶことが重要です。

ジヒドロテストロンの生成を防ぐ効果のある育毛剤はいくつかありますが、おすすめを挙げるとすればイクオス、もしくはチャップアップでしょう。
どちらもジヒドロテストロンが生成されるのを直接防ぐ効果があるので、こめかみの薄毛を改善するのには非常に効果的です。

特にイクオスは45日以内であれば使用後でも返品ができるので、こめかみの薄毛が気になり出したら一度試してみることをお勧めします。

イクオス公式サイトはこちら


チャップアップ公式サイトはこちら



食生活によるこめかみの薄毛対策

イクオスやチャップアップなどを使って、こめかみの薄毛の原因であるジヒドロテストロンを抑制したら、次は髪の毛の成長に必要な栄養素を体の中から補ってあげましょう。
髪の毛の成長を促してこめかみの薄毛を改善するためには、食べ物から以下の栄養素を摂取するように意識しましょう。

亜鉛
髪の毛は99%がタンパク質から構成されています。食べ物から吸収したタンパク質から髪の毛をつくる役割を担うのが亜鉛になります。こめかみの薄毛改善のために最も必要とされる栄養素こそが、ミネラルの一種である亜鉛です。しかし亜鉛は現代人に最も不足している栄養素と言われています。体の内側からこめかみの薄毛を改善するなら、亜鉛が不足しないことを一番に考えましょう。

タンパク質
こめかみの薄毛を改善するためには、髪の毛の原料となるタンパク質が必要不可欠です。

ビタミンB2
頭皮に皮脂が多いとこめかみの薄毛の原因になります。ビタミンB2を含む食べ物は、皮脂の分泌量を適切にコントロールすることでこめかみの脱毛や薄毛を防止します。

ビタミンB6
ビタミンB6はタンパク質を一旦アミノ酸に分解します。分解されたアミノ酸から亜鉛が髪の毛を生成します。

ビタミンE
血行促進効果があり、毛母細胞への栄養素の運搬をスムーズにします。

イソフラボン
こめかみの薄毛を予防してくれる女性ホルモンに似た働きをします。

以上がこめかみの薄毛改善に効果のある栄養素になりますが、特に意識して摂取したいのはやはり亜鉛です。
亜鉛はほとんどの男性に欠乏していると言われていますから、必要量をしっかりと摂取することでこめかみが薄毛に陥りやすい体質を改善することができます。
亜鉛をしっかり摂取してこめかみの薄毛を改善するために、以下の食べ物を意識して食べるようにしましょう。

亜鉛を多く含む食べ物
牡蠣・ほや貝・たらば蟹・うなぎ・ゴマ・豆腐・カシューナッツ・アーモンド


こめかみの薄毛の原因が血行不良の場合の対処法


こめかみの薄毛が血行不良でおこっている場合、眼精疲労か肩こりが原因となっている可能性が高いです。

眼精疲労→目を休める
肩こり→整体、ストレッチ、運動

眼精疲労はパソコンやスマホの使い過ぎによるものがほとんどです。
こめかみの薄毛の原因となる眼精疲労を改善するには、単純に目を休めることが大切です。

こめかみの薄毛を予防するためにも、パソコンやスマホを使用する時間を少しでも減らすようにしましょう。
またブルーライトをカットするメガネをかけたり、ディスプレイにフィルムを貼ることで、目が疲れるのをいくらか防ぐことができます。

肩こりもまた血行不良を招き、結果としてこめかみの薄毛に影響を及ぼします。
普段から運動やストレッチをすることで、肩がこりにくい体質をつくってあげましょう。


こめかみの薄毛の原因がストレスの場合の対処法


こめかみの下の方で、もみあげ周辺が薄毛になっている場合には、ストレスが原因となっている可能性も高くなります。
ストレスによるこめかみの薄毛の改善策は、やはりストレス発散しかありません。

体をしっかりと休めてあげて、週末にはスポーツなどの趣味の時間を持つようにしましょう。
ストレスをうまく発散することで、こめかみの薄毛は一気に改善することもあります。


まとめ

以上がこめかみの薄毛の原因とそれぞれの対策法になります。
まずはこめかみのどの辺りが薄毛になってきているのかをしっかりと見極めて、それぞれに適した対策をできるだけ早くはじめるようにしましょう。